コラーゲンは、人間の体をつくる成分の1つで、そのうち約40%が肌にあります。

その他は、骨や血管や内臓などにあり細胞と細胞をつないだり、支えたりという役割をしています。

そして繊維芽細胞というものが体内でコラーゲンを生成します。

ただこの繊維芽細胞は、加齢とともに衰えていってしまい、生成が充分にできなくなってきます。

それが肌のハリの低下や弾力の低下につながってしまうのです。

そこで外から補ってあげるという役割をしてくれるのが美容液やクリームなどの化粧品で、内側から補うのがサプリメントなのです。

先に記述した通り40%もが肌にあり、その土台である真皮は、コラーゲンで満たされています。

この真皮が充実していれば、ハリと弾力のある肌になるのです。

ですがやみくもに美容液を塗り込んだり、サプリメントを飲めばいいといいものではありません。

効果的に取り入れるには低分子化されているものを選ぶようにしましょう。

そもそもの分子は大きいもので、肌にすべて入っていかなかったのですが、その分子を小さくし肌への吸収率が高くなったものが低分子化コラーゲンなのです。

加齢とともにコラーゲンが減少していきます。

なのでハリや弾力、潤いを保ちたいのであれば美容液やサプリメントで補う必要があります。

ですが、ただ補えばいいという単純なものではないのです。

そもそも肌の役割とは外部からのウイルスや雑菌、刺激から守り、老廃物を外に出すことなのです。

つまり肌というのは、よほど小さい分子の物質でないと肌の奥の真皮まではなかなか届かないのです。

なので、コラーゲンの成分を真皮まで取り入れたいのであればナノ化や低分子化された美容液やサプリメントなどを選びましょう。

では「低分子のものでないと全く効果がないの?」

と言ったらそうではありません。

真皮までは入っていくことはできないものの、表皮と言われる肌の表面には効果があり、表皮の水分保持や外部からの刺激の緩和に効果があります。

理想としては両方のコラーゲンを上手に使いこなし表皮も真皮も潤いやハリを満たすことで美肌を目指せると言えるでしょう。

コラーゲン入り美容液に関するランキングサイト

コチラのサイトにはもっと詳しい事が書かれています。


Comments are closed.