コラーゲン開発は皮革から

ゼラチンやコラーゲンペプチド等に関連した数社が作っている工業組合の調べにより、平成25年度に日本国内において最もコラーゲンペプチドを販売している会社は、もちろん工業組合にも加盟している会社で、なんと明治40年に設立されています。

とはいえ、最初からゼラチン等の商品を開発していたわけではなく、設立当初はタンニンという木や葉っぱの渋などから取れる成分をつかって皮をなめし、腐りにくくて頑丈な革にするという会社でした。

昭和10年頃から、ゼラチンの開発に取り組むようになりましたが、そのゼラチンは食用ではなく写真を撮影するフィルム用として、フィルム会社へ販売されました。

その後ゼラチンがさらに低分子化されて水溶性が高いコラーゲンペプチドが開発されました。

皮革製品を作ることから始まったこの会社の努力が、現在では女性に喜ばれるコラーゲン配合美容液の開発までにつながっています。

この会社の美容液で潤いを実感する人は多いようです。

ぜひ一度試してみたいですね。

コラーゲンという言葉をよく目にします

季節柄寒くなり、エアコンやファンヒーターなどの暖房器具を使う事が多くなると、目の回りや口の回りは乾燥して、白く粉をふいたような状態になったり、皮がめくれたようになったりします。

女性は特に化粧をする時のファンデーションンののりも悪くなるので、秋から冬に季節の肌が乾燥する季節が来るのが憂鬱だと思う人もいるでしょう。

それだからか、テレビやインターネットを見ていると、保湿用の化粧品のコマーシャルが多くなるような気がしています。

先日もある化粧品メーカーのコマーシャルはで5種類のコラーゲンが入った美容液で「5種類」というところを強調していました。

コラーゲン入り美容液に関して

コラーゲンが潤いとハリの象徴だから配合されているのはもう当然で、今度はどれだけの種類が入っているかで勝負というところでしょうか?他にもいろんな成分が配合されている美容液が数多くあります。

しかし、その中で「コラーゲン」を敢えてコマーシャルで視聴者にインパクトを与えるのは、コラーゲン配合の美容液が女性に人気があるのでしょう


Comments are closed.